旅行作家★吉田友和 Official Web

ときどき旅の本を出しています。その著作リストをまとめたページです。執筆・撮影・出演・講演などのご相談はtomo@tomotrip.netまでお気軽にどうぞ。最新情報はFacebookページにて随時更新中。Twitterでも割とつぶやいてます@tomotrip ※休止中。そのうち再開するかも)


イメージ02

ハノイ発夜行バス、
南下してホーチミン 新刊
ベトナム1800キロ縦断旅

■2016年6月刊/定価626円
■幻冬舎文庫

南北に細長いベトナムを北から南へ縦断した旅行記。ハノイから出発し、フエ、ホイアン、ニャチャン、ダラット、ホーチミンとバスで移動していきます。ベトナムはグルメ大国で、フォーやバインミーなど何を食べても外れナシ。コーヒーやワインも美味い! 山岳少数民族の村や、世界遺産の古都を彩るランタン祭りも観に行きました。端から端まで旅して発見!
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

思い立ったが絶景 新刊
世界168名所を旅してわかったリアルベスト

■2016年3月刊/定価950円
■朝日新書

絶景ブームを客観的に分析し、絶景とは何なのか、旅人はどんな絶景に惹かれるのかなどを論じてみました。新書ながらカラー写真もたっぷり。独断と偏見による絶景ランキングのほか、黄龍および九寨溝を「実地調査」という名目で旅した記録も。写真で見て満足するのではなく、実際に現地へ足を運ぼうという趣旨の一冊です。いざ、別格級の旅先へ!
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

週末5万円からの東南アジア

■2015年8月刊/定価1,620円
■大和書房

テーマは短期&格安の東南アジア旅行。バンコク、バナウェ(フィリピンの棚田地帯)、クアラルンプール、マンダレー、ジャカルタ、ハノイ、プーケット、シンガポールを旅しました。オムニバス形式の旅行記短編集は久々かも。カラー本なので写真もたっぷりです。大都会から秘境まで、東南アジアには何でもある!
  → Amazon → 楽天

イメージ02

週末台北のち台湾一周、
ときどき小籠包

■2015年6月刊/定価702円
■幻冬舎文庫

週末で手軽に楽しめる旅先筆頭といえば台湾。LCCも就航し、ますます行きやすくなりました。2泊3日の台北旅行を重ねるうちに台湾の魅力にどっぷり浸かり、遂には一周旅行を敢行。台中、台南、高雄、台東、花蓮のほか、山里の温泉や離島まで幅広く巡った旅行記です。さらには年に一度開催されるランタン祭り(天燈)もレポート!
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

35歳からの海外旅行<再>入門

■2014年11月刊/定価788円
■SB新書

海外旅行の再入門者に向けた一冊。時代の流れと共に、旅をとりまく環境は様変わりしていきます。空港がリニューアルし、LCCのような新興航空会社が台頭し、世界情勢も目まぐるしく激動する中で、どう旅していけばいいのか。ブランクがあるがゆえに戸惑いがちなあれこれを改めて整理しました。久しぶりに海外へ!
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

週末夏旅!
暑い日本が好きになる55の休暇術

■2014年7月刊/定価1,728円
■平凡社

夏旅だけで一冊。ずっと書きたかった、季節区切りという新しいテーマにチャレンジです。キャンプや花火大会、盆踊り、屋形船、ドライブ、鉄道旅、音楽フェスなどなど。大好きな日本の夏を満喫するための、旅人的遊び方を詰め込みました。読み物主体ですが、撮り下ろしのカラー写真も。夏休みは子どもだけの特権じゃない!
  → Amazon → 楽天





イメージ02

旅はタイにはじまり、タイに終わる
東南アジアぐるっと5ヶ国

■2014年7月刊/定価648円
■幻冬舎文庫

幻冬舎文庫書き下ろしの長編旅行記三作目は、我が家の「家訓」がとうとうタイトルに! 東南アジアを周遊できるエアパスを使った旅行記です。タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、再びタイと、ぐるっと一回り。バックパッカーのようで、バックパッカーではない旅。料理をカバーに使ったのは自分の著書では初めてですね。
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

10日もあれば世界一周

■2014年4月刊/定価799円
■光文社新書

まさかの三周目! 前回よりもさらに短く10日間で、台湾、タイ、インド、エチオピア、フランス、ポルトガル、アメリカの計7ヶ国を回ってきました。新書なので、旅行記に加え、世界一周航空券の使いこなしなど、超短期世界一周を実践するためのお役立ち情報をたっぷり交えた構成になっています。このぶんだと四周目もひょっとしたら……。
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

世界一周デート
魅惑のヨーロッパ・北中南米編

■2014年4月刊/定価907円
■幻冬舎文庫

原点旅の文庫化後編はエジプトからスタート。夏のヨーロッパで祭りをはしごし、北米をレンタカーで横断。南米ではマチュピチュやウユニ塩湖、パタゴニアといった大物が次々登場します。そして目指すはブラジルのカーニバル! 最後までやっぱりドタバタの新婚旅行でした。単行本では漏れたエピソードも挿入した完全版の、分厚い一冊。夫婦共著。
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

ヨーロッパ鉄道旅ってクセになる!
国境を陸路で越えて10カ国

■2013年6月刊/定価560円
■幻冬舎文庫

パリからスタートし、フランス、イタリア、スイス、ドイツなどヨーロッパ計10カ国を旅した模様をまとめました。すべての行程を鉄道で結んだ陸路の旅。ユーレイルパスをフル活用し、限られた時間の中で効率良く回るというスタンスはいつも通りですが、道中様々なトラブルに見舞われます。ヨーロッパは案外手強かった!?
  → Amazon → 楽天 → Kindle版




イメージ02

世界も驚くニッポン旅行100

■2013年6月刊/定価1,365円
■PHP研究所

国内旅行で一冊書いたのは初の試みです。10年かけて旅した47都道府県の必見のスポットを、テーマごとに100箇所厳選し夫婦で共著。世界一周していた当時、「帰ったら日本を旅したい」とずっと思っていました。旅してみて、日本の美しさ、奥の深さにニッポン旅行の虜になりました。海外旅行が好きという人にもぜひ手にとってほしい一冊です。
        → Amazon → 楽天

イメージ02

世界一周デート
怒濤のアジア・アフリカ編

■2013年4月刊/定価760円
■幻冬舎文庫

原点となったあの旅が遂に文庫化!単行本では収録しきれなかったエピソードをたっぷり追加し、本編も大きく書き直しました。さらには現在の視点からのコメントなども加え、文庫化というよりリメイクといった感じに仕上がっています。前後編の2冊に分けて刊行することになりました。夫婦共著。
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

めざせプチ秘境!
行こうと思えば案外行けちゃう地球旅行

■2012年11月刊/定価1,575円
■角川書店

雑誌「野性時代」で連載していた原稿を元に書籍化。モロッコ、イスラエル、パナマ、マダガスカル、スリランカ、ミャンマー、ウズベキスタン、ラオス、ブータン、隠岐の計10の旅行記を中心に、その他のオススメ国や行き方など、各種お役立ち情報もたっぷり盛り込みました。ありきたりな旅では、満足できないあなたへ!
        → Amazon → 楽天

イメージ02

3日もあれば海外旅行

■2012年11月刊/定価798円
■光文社新書

初めての新書です。週末海外の最新事情から、超短期世界一周、LCC活用、マイレージ、スマホ使いこなしまで、現代ならではの海外個人旅行術を余すことなく紹介。バックパッカーの進化形「フラッシュパッカー」のために、即役立つ実践的な内容を、徹底的に旅人目線でまとめました。「短く」「何度も」旅に出よう!
        → Amazon → 楽天

イメージ02

転んでも海外! 
心から満足して帰国するための旅極意60

■2012年11月刊/定価1,470円
■幻冬舎

海外旅行で陥りがちな失敗談を中心とした旅先エッセイ集。空の旅、ホテル、食事、観光、帰国など、現地滞在時のシチュエーション別に60の教訓を抽出しました。恥を忍んで初公開する赤裸々エピソードが満載。それでも、旅はやめられない!
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

LCCで行く!アジア新自由旅行
3万5000円で7カ国巡ってきました

■2012年7月刊/定価680円
■幻冬舎文庫(書き下ろし)

格安だから、どこでも、何度でも行けるんだ!片道から組み立てられる旅の魅力を体感するため、LCC元年である2012年初頭に雪国から旅立ちました。台湾、フィリピン、タイ、ベトナム、シンガポール、インドネシア、マレーシアの7カ国を巡ったアジア自由旅行記。
 → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ02

自分を探さない旅

■2012年6月刊/定価1,680円
■平凡社

バックパックを背負わない放浪。なぜ人は旅に出るのか? 「自分探し」って何? 旅について考え続けた「卒業旅行」の記録。タイ、インド、ブータン、東京を舞台にした長編旅行記であり、私小説であり、旅行論であり、生き方本でもある一冊。まえがきPDFと、Facebookページに「刊行に寄せて」アップしました。
        → Amazon → 楽天

イメージ02

世界の聖地(写真を担当)

■2011年12月刊/定価1,890円
■国書刊行会

妻・松岡絵里の著作『世界の市場』の続編です。寺院、教会、巡礼地、パワースポット。行って見て驚いて祈った、世界25の聖地をご紹介。前作同様写真を担当しましたが、今回は少しだけ原稿も寄稿しました。困ってなくても神だのみ!
        → Amazon → 楽天

イメージ02

週末香港&マカオ!

■2011年10月刊/定価1,260円
■平凡社

「2泊3日からはじめる自分だけの旅づくり」シリーズ第4弾。夜景を堪能し、茶餐廰で一息ついて、粥麺や飲茶に舌鼓を打ち、香港映画の聖地を訪ねる旅。マカオも練り歩きました。過去作以上にリピーター色の濃い一冊に。岡田和恵さんとの共著。
        → Amazon → 楽天


イメージ02

スマートフォン時代の 
インテリジェント旅行術

■2011年9月刊/定価1,470円
■講談社

飛行機を降りた瞬間に即オンライン。世界中どこへ行ってもネットへの常時接続が可能になり、旅の形は大きく進化しました。SIMフリースマホの活用や、海外旅行の未来形など。デジタル依存型旅人なら、言葉ができなくても、方向音痴でも、ピンチに弱いヘタレでも旅が楽しめる!
        → Amazon → 楽天

イメージ03

12日間世界一周!
忙しくても意外と行ける世界旅行

■2011年4月刊/定価700円
■角川文庫(書き下ろし)

ついに二周目!シルバーウィーク+夏休みの12日間で、韓国、タイ、ドバイ(UAE)、トルコ、イタリア、ポーランド、イギリス、カナダ、アメリカの10ヶ国を巡った最高速旅行記。意外とハードルが低いマイルでの世界一周特典航空券の攻略法も。
  → Amazon → 楽天 → Kindle版

イメージ04

はじめての世界一周

■2010年12月刊/定価1,365円
■PHP研究所

久々の夫婦共著。全51ヶ国の楽しみ方を国別に提案。旅立つためのノウハウや世界一周航空券徹底ガイドも。大判フルカラーなので、写真を多用し全ページフリーレイアウトでビジュアル面を重視して制作しました。超短期で行く?じっくり長旅で行く?
        → Amazon → 楽天





イメージ03

サンデートラベラー!
週末でも気軽に行ける海外旅行

■2010年10月刊/定価660円
■角川文庫(書き下ろし)

羽田空港国際化で週末海外がさらに身近になりました。台湾、ソウル、中国、香港、ハノイ、バンコク、カンボジア、サンフランシスコ、対馬の旅行記。カラー写真+おすすめ旅プラン付き。水谷さるころさんの解説マンガも。
        → Amazon → 楽天

イメージ03

世界の市場 (写真を担当)

■2010年3月刊/定価1,890円
■国書刊行会

妻・松岡絵里の著作で写真を担当しました。パリのマルシェから、ニューヨークの農業市、南米の魔女市場まで、世界約100の市場を徹底ガイド。世界遺産よりおもしろい!別の著作『ニッポン聖地案内』でも写真を多数提供しています。
        → Amazon → 楽天

イメージ03

行きたいときに行きたい場所へ
一人で海外!

■2009年11月刊/定価1,470円
■情報センター出版局

限られた時間とお金を使って、自分の思うままに旅する快感。韓国、マレーシア、ニューヨーク、バンコク、成都、インド、ミャンマー、北海道、スペインの旅行記のほか、海外発券でハイシーズンをお得に旅するコツなど中上級者向けのノウハウも。
        → Amazon → 楽天

イメージ03

週末台湾!

■2009年8月刊/定価1,260円
■平凡社

「2泊3日からはじめる自分だけの旅づくり」シリーズ第3弾。居心地の良さは世界一とも思える台湾。台北だけでなく、新幹線に乗って台南や高雄まで足を延ばしました。安ウマご飯とゆる〜い空気。旅人にやさしい台湾で平日の疲れを吹き飛ばす!鈴木夕未さんとの共著。
        → Amazon → 楽天




イメージ03

週末ソウル!

■2009年7月刊/定価1,260円
■平凡社

「2泊3日からはじめる自分だけの旅づくり」シリーズ第2弾。日本から最も近い外国・韓国の首都ソウルは週末海外の定番。本もたくさん出ており、語り尽くされているようだけれど、深掘りすればネタは尽きないです。金光英実さんとの共著。
        → Amazon → 楽天

イメージ03

週末バンコク!

■2009年7月刊/定価1,260円
■平凡社

「2泊3日からはじめる自分だけの旅づくり」シリーズ第1弾。実体験を元に、現地のディープでお役立ちな情報をコラム形式で紹介する「読むガイドブック」。多数の直行便があり、実は意外と週末向きのバンコク。ビアシン飲みつつ、激辛料理を味わいつつ。旅はタイに始まりタイに終わる!
        → Amazon → 楽天

イメージ03

思い立ったらすぐに行けちゃう
週末アジア!

■2008年5月刊/定価1,365円
■情報センター出版局

週末海外第二弾。2007年後半から2008年前半にかけて旅したタイ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、ベトナム、韓国、中国、香港・マカオ、沖縄、グアムの週末旅行記+ノウハウ。アジアはあなたが思うより、もっとずっと近い!
        → Amazon → 楽天

イメージ03

仕事が忙しいあなたのための
週末海外!

■2007年7月刊/定価1,365円
■情報センター出版局

607日間の世界一周新婚旅行から帰国した後の、会社勤めをしながらの旅の日々をまとめた1冊。台湾、香港・マカオ、パラオ、五島列島、タイ・ラオス、フランス、フィンランド、オーストラリア、モンゴルの全9本の旅行記+ノウハウ。初の夫婦別作。
        → Amazon → 楽天




イメージ04

してみたい!世界一周

■2006年09月刊/定価1,890円
■情報センター出版局

世界一周の魅力を一人でも多くの人たちに伝えたくて作った世界一周ガイド本。経験者へのインタビュー、テーマ別の見所、世界一周航空券などなど、超盛りだくさんの内容です。妻・松岡絵里との共著。あなたの「いつか」が「いまだ!」に変わる!!
        → Amazon → 楽天

イメージ04

世界一周デート
トモ&エリの607日間ハネムーン

■2005年3月刊/定価1,575円
■TOKIMEKIパブリッシング

全てはこの旅から始まりました。僕の旅人人生の原点。ホームページで公開していたリアルタイム旅行記が1冊の本にまとまりました。夫婦共著。台湾語翻訳版も台湾で出版されています。残念ながら絶版のため、いずれ文庫化できればと思っています
(※追記:文庫化しました!)。
        → Amazon → 楽天